NOHARA のはら

お知らせと日々のこと

投稿日:2019.02.19

2/17薪ストーブイベントへご来場ありがとうございました!

こんばんは!

お待たせいたしました。2/17薪ストーブイベントレポ前半部分です!

午前中は完全予約制の薪ストーブ料理教室を開催しました。こちらは、野原で薪ストーブを取り付けて下さったお客様をご招待してのイベントでしたが、事前予約で定員いっぱいになってしまい、キャンセル待ちして下さったお客様には申し訳なかったです。最近有難いことにすぐに予約がいっぱいになるため、なるべく早めの予約がお勧めです。

当日の店内はこんな感じでした。

そして、みんなで午前中作ったメニューはこちら

① ポテトグラタン
② ブロッコリーとウインナーのオーブン焼き
③ アップルマフィン
④ ピザ生地

薪ストーブと言えば、炉内で焼くピザやチキンの丸焼き、チョコレートブラウニーなどは作ったことあったのですが、今回はストーブトップで煮たり茹でたりする工程を入れることにして、スタッフが食べたいグラタンに挑戦しました。

ポテトグラタン

ベーコン、バターとコンソメを加え、牛乳を食材が隠れるくらいのひたひたに入れてストーブの上で煮ます。

食材に火が通ったら、チーズを振りかけて炉内で焼き色を付けるだけ。

完成!ただ、本番はちょっと牛乳が多くてシチューみたいになってしまいました。味は美味しかったけど、ちょっと牛乳多かったですね・・・。

そして、アンケートで美味しかったという声が多かったのが、ブロッコリーとウインナーのオーブン焼き。これすっごく簡単!

まず、ストーブの上に水を入れたホーローの容器を置いて、お湯が沸いたらブロッコリーを入れて茹でます。まぁ放っておくだけですが。

茹でたブロッコリーを今回は、ロースターという容器に入れ、一口サイズのウインナーを入れたら、マヨネーズとチーズをかけて、こちらも炉内で焼くだけ。

まぁ、美味しそう!お酒のつまみにもぴったりです!

ホーローの容器って便利なんですよね~。スタッフは、ホーローマグに切ったリンゴを入れて、クッキーやクリームチーズにレーズン、レモン汁をかけて、煮りんごスイーツをお昼に1人前作って食べたりしてます♪

続いてアップルマフィン

これは紅玉を8つ切りにしてから5mmに切ります。室温にしていた無塩バター(60g)をストーブの熱で溶かし、そこに砂糖(85g)を3回にわけて入れます。白っぽくなったら、室温にしてよくほぐした卵も3回にわけて入れます。薄力粉(150g)とベーキングパウダー(大さじ1/2)塩一つまみをふるいにかけたものをそこに1/3投入→牛乳30g投入→粉1/3投入→牛乳30g投入さっくり混ぜてリンゴを入れる。

それを炉内(約180度~200度くらい)で焼けばこちら。

焼きたてで美味しそうなマフィンに手が伸びる伸びる。事前にフジりんごでもやってみましたが、やはり紅玉が美味しいね!となりました。フジの甘さはマフィンの中で目立たなくなってしまうのでぼんやりした味でした。紅玉の程よい酸味がマフィンの甘さを引き立てて美味しかったです♪料理本などでは当たり前に紅玉となっていますが、やはり何でも実際に比べてみたくなります。

そんなこんなで、午前中料理メニュー詰め込みすぎてしまったのでピザ生地をこねるところで力つきて、一旦お昼ご飯になりました。

今回のイベントでは、各テーブルごとのお客様がみんなとても仲良くお互い話しているのが印象的でした。薪ストーブをまもなく取付予定のお客様と、20年以上使って下さっている薪ストーブベテランのお客様がわきあいあいと料理を作っていて、いろんな話もできたみたいで楽しかったと言って下さいました。何よりそれが嬉しかったです。

スタッフはバタバタで全然お客様とゆっくり話せなかったので、それが次回の反省点ですね。もてなそうと思って詰め込み過ぎました(笑)。

まだまだ続くイベントレポ。後半もお楽しみに♪

 

カテゴリー:NEWS

« »